建物管理に不可欠なエレベーターへのメンテナンス|格安で依頼できる

男性

記事リスト

優良企業を見分ける

模型

エレベーターの点検を依頼する場合、きちんと信頼ができる会社に依頼する必要があります。優良な会社を探すコツは、スタッフの対応を調べることです。細かい質問を行ない、きちんと対応してくれる会社であれば、誠実な会社であると判断できます。

詳細を読む

重大事故を防ぐ

エレベーター

高層階の建物には必ず設置しなければならないのが、エレベーターです。建築基準法であれば、高さが31メートル以上の建物には、非常用の昇降機として設置義務が生じます。また、高齢者が居住しているマンションであれば、三階建て以上の建物にはエレベーターを設置しなければなりません。マンションであれば住民の負担を考え、一般的に6階建て以上の建物ならばエレベーターは設置しているでしょう。買い物によってたくさんの荷物を持っている人や、年齢や傷病によって階段の利用が困難な人など、居住施設であればエレベーターを必要とする人は多いのです。多くの人に需要があるエレベーターですが、頻繁に多くの人が利用するとなると、問題となるのが劣化による問題です。たくさんの人が利用するとなれば、必然的に稼働する回数が増えるため、劣化による問題が顕著に現れます。稼働するごとに部品同士に摩擦が生まれ、摩耗や摩擦熱による酸化促進によりサビが発生することがあります。また、細かなチリやホコリが機器内部に入ることで、動作不良を招くこともあるのです。エレベーターは密室であるため、故障によって事故が起きた場合、乗っていた人への甚大な被害は免れません。こうした事故を防ぐため、建物の管理を行なうなら、必ずエレベーターは定期的にメンテナンスをしなければならないのです。

エレベーターのメンテナンスは、エレベーターの製造元となるメーカーだけではなく、建物設備の保守点検を行なう会社に依頼することもできます。多くの人はメーカーでなければ点検はできないのでは、と考えますが、ホコリやチリの清掃や部品の交換、導線の断線チェックなどであれば、基本的な機器類のメンテナンス知識があれば誰でも行なえるものです。建物の保守点検を行なう会社であれば、エレベーターへの基本的なメンテナンス方法も熟知しているので、ほかの設備への保守点検と同時に、エレベーターへのメンテナンスも依頼しておくとよいでしょう。

修理か購入かがわかる

外観

エレベーターに不具合が現れた場合、修理かリニューアルかどちらにするか多くの人は悩むでしょう。エレベーターの保守点検を行なう会社に依頼すれば、プロの視点からどちらが必要か教えてくれます。清掃によって不具合が解消されることもあるので、依頼して損はありません。

詳細を読む

便利な一括査定

集合住宅

エレベーターの保守点検の費用は、建物やエレベーターの種類などによって異なります。より安い価格でメンテナンスをする会社を探すなら、一括査定を行なうとよいでしょう。投稿フォームからメールを送ることで、すぐに安くメンテナンスをする会社を見つけられます。

詳細を読む